スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の厳しさ

2011.03.02.09:57

天気の回復が遅れて今日も曇り空。

少し日がさしてきた時に、スズメ達のけたたましい鳴き声に外を

覗いてみると珍客がいました。

ヒヨドリの雛です。

スズメ達は軍団の庭に迷い込んだヒヨドリの雛に「そこはバカワンコが

いるから危ないよ~
」と教えているようでした。

親鳥も心配をしているだろうと辺りを見回してみましたがいません。

何故だろうか。。。と雛鳥の様子を見ると片足で飛び跳ねていました。

もう一つの足は曲がったまま。

ヒヨドリの親はこの子を諦めてしまったようです。

直ぐ傍の近所のお庭で木の実をつついていて、雛に近寄ろうとしません。

P1000855.jpg

親鳥に見放されたひな鳥は長く生きられないでしょう。

保護をしようと近寄りましたが逃げられてしまいました。


もう5年ほど前の事ですが、パパゾーが生まれたばかりのドーベルマンの子犬

を必死に治療したことがありました。

この子は生まれた直後から親に見離されていたんです。

原因は生まれつきの心臓病と親に踏まれて右目がつぶれてしまっていたからです。

人間のように手術などの治療をする術を持たない動物達は、人間の持っていない

ある種の感で判断をしたのだと思います。

私は親の判断を尊重して自然に任せたほうがいいとパパゾーに言いましたが

反対をされるとムキになる性格のパパゾーは治療を続けました。

結局、1歳の誕生日を迎える事も亡くなったドーベルの子。

外で思いっきり走ることも禁じられ、薬漬けの毎日でした。

パパゾーのように出来ることをした事が良かったのかどうかは判りませんが

何もしなかったよりは良かったのかな。。と今は思えるようになりました。


ヒヨドリの雛は庭の隅で天国へ旅立っていました。

思いっきり羽を広げて飛んでいったのかも。。


スズメたちに「バカワンコ」と呼ばれている軍団。

バカワンコ・その1P1000835.jpg

雨なのでテレビ三昧の毎日でした。


バカワンコ・その2
P1000842.jpg

その1が残した分も平らげて栄養補給に忙しい毎日でした。


バカワンコ・その3
P1000847.jpg

食っちゃ脅し(その1を)の毎日でした。


にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2011.03.02.10:57

野生動物の掟って厳しいですよね・・・
と、言う事をしみじみ考えた後に「バカワンコ」ちゃん達を
見て和みました。シーザー君とイエッタちゃんの傷の具合は
いかがですか?もうこれ以上傷つけあっちゃダメだよ~!!

No title

2011.03.02.16:40

自然の厳しさと同時に人間の持つ優しさを思い起こさせて
呉れました。

何事にも優しい眼差しで見られる人間で有りたいと、この年で
改めて思います。

雨の日、ワンコ三態の説明が最高です、云い得て妙かも?

No title

2011.03.02.16:42

動物は本能的に弱い子は見捨てますね。
一見残酷にも思えますが、厳しい自然の中で生きられないとわかっているようですね。
ヒヨドリの子は何かに襲われたんでしょうか?
今度は元気に生まれ変わってきてくれるといいですね。

雨の日はつまらないですね。
それぞれに退屈しのぎですね(^^)
バカワンコ→デカワンコの間違いでしょう(^_-)

Re: No title

2011.03.02.21:56

タラ様

シーザーとイエッタの傷はほぼ治りましたよ~。
しかし、イエッタは相変わらずシーザーを狙っていて
毎日ドアの前で待機しています。。。
ますます悪人顔になっちゃいました!

強い者だけが生き残れる。野生どうぶtの掟はほんとに厳しい
ですね。

Re: No title

2011.03.02.22:06

e shinn心様

動物が下す判断には驚かされますね。
重い決断も深い愛情からなのでしょうね。

あ~、優しい眼差し!私もそういう人になりたいです。
なれるように日々努力しないと!

3ワンコ、それぞれ個性溢れすぎ!

Re: No title

2011.03.02.22:14

あすぴー様

急に雪混じりの天気になった寒さが影響したのかも。。
ドーベルの子も何度も親に返したんですが、この子には
見向きもしませんでした。。。
冷たいように見えますが自然界ではそうなのでしょうね。

雨も降らないと困るんですけど連日はキツイですね~。
軍団はバカワンコです♪
バカほど可愛いです。なあんてネ~。

No title

2011.03.03.14:06

パパさんの優しい一面を知りました(笑)
そんな事があったのですね。。。

我が家も随分昔ですが飛べないカラスの雛を保護した事がありました。
暫らくしたら飛べるようになり、言葉も喋るようになり「カー子ちゃん!可愛い!!」とか、、、、我が家の猫の餌にする為に保護したのではないので(爆)放鳥しました。
たまにベランダに帰ってくることがありましたが。。。。

最後までデカワンコって読んでしまっていました(汗)

Re: No title

2011.03.03.21:22

胡蝶蘭様

軍団は「バカワンコ」ですよv-392

カラスはとても賢くて魅力な鳥ですね~。
私は何回かつつかれた事があるますよ!(笑)
その保護したカラスはもう遊びに来ないのですか?
元気でいるといいですね。

パパゾーの優しさって中途半端なんです。
まあ、生きていること自体中途半端ですけどね。(爆)

管理人のみ閲覧できます

2011.03.11.20:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密様

2011.03.12.17:11

心配かけました。
皆、無事にしています。
自己紹介

☆フォルフォル達はジャーマンシェパードだよ。

ふぉるこ

2004/8/20生。 フォルフォル

2007/8/01生。 イエッタ。

2003/01/25生。2014/07/04没 シーザー。

☆駐車場に捨てられてたラグドールだよ。

2008/8月生まれらしい。ネコダニャン丸。

やばいばーちゃん点取り占い
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。